艦長にもらった言葉

こんにちは
デマントイドの日下拓弥です。


18歳で自衛隊に入隊し、売店で買ったバスタオルに刻まれていた言葉です。
いつも体を拭きながら、この言葉を見て励まされていたことを覚えています。

山本 五十六の簡単なプロフィールをご紹介します。

山本 五十六は、大日本帝国海軍軍人で、太平洋戦争開戦時の際の連合艦隊司令長官を務めました。
そこで真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦をはじめとした歴史的にも有名な作戦を指示したことでも有名で、アメリカと日本の実力差を熟知していたことからも最後まで戦争に反対していたとも言われています。

バスタオルにまで名言が書かれているほど素晴らしい経歴の軍人です。

せっかくの人生、楽しく生きたいです。
できるなら苦しみたくないし、腹を立てたりしたくもない、不満なんか持ちたくないですが、必ずそんな事もあると思います。少しでもネガティブに思った時僕の場合、18歳の時にバスタオルを広げて元気をもらっていた時の事を思い出します。
一番やる気と勇気がもらえて、初心に戻れる言葉です。
時代遅れの言葉かもしれませんが、社会人第一歩の時に影響を受けた、大切な素晴らしい言葉です。
僕の性格上、楽しいことばかりじゃダメということもこの言葉のお陰でわかることができました!

僕が影響を受けた言葉以外にも


軍人として、多くの部下を統率してきた経験がある山本五十六だからこそ身につけた、いかにして人を動かすかという思いが詰まった言葉だと思います。
今でも多くの経営者や指導者の格言として知られているそうです。

古き良き言葉はたくさんあります。

言葉はタダでその人を励ますことができる素晴らしい仕事だと思います。
まだまだ僕は人間未熟ではありますが、自分の信念を持ち自分が経験したことや感銘を受けたことなど、周りで困ってる方がいれば勇んで語っていければいいなと、山本五十六の言葉を思い出し、熱く思ってしまいました!

自衛隊に入隊していなければ知れていなかった言葉はたくさんあります。
すべての経験は無駄ではないということを改めて思った日でした。

以上、元自衛官っぽいブログになりました!
最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

 


The following two tabs change content below.

日下拓弥

専務取締役(株)D-create
1986年生まれ。岡山に4店舗あるエステサロンデマントイドの男性の方も女性の方もご来店いただけるデマントイドプールオムのエステティシャン。 陸上自衛隊第1空挺団と飽和潜水士を10年経験した事を生かし、心身共にお客様を支えていけるエステティシャンであり続けるよう心がけています。