続けていれば人生最大のいい事起きました。

こんにちは
岡山のエステサロン
デマントイドプールオムの日下拓弥です。

報告させてください。

来月待望の赤ちゃんが産まれます。
我が子を待ちわびて10年ほどです。やっと会う事ができそうです。

今の奥様は、中学校時代の同級生です。
結婚と同時に我が子も授かって、とても幸せです。

 

赤ちゃんの存在は想像以上に大きいです。
夫婦の関係性までも変えてしまいました。

結婚する前、というか子供を授かる前と後では僕ら夫婦の仲はただの友達のような関係。友達みたいなっていいじゃんと思いますが、お互い我関せずです。思いやりとか助け合いがあまりなく、お互い好きに生きてる感じ。昔から知ってる長い付き合いで阿吽の呼吸で生きているような仲。
優しい言葉なんてお互い照れくさいから掛けませんし、喜ぶような事も照れくさいからあまりしません。
男女の関係というか男同士のようなさっぱりした関係でした。
こんな関係でずっと生きていくんだと思っていました。

お互い子供好きでした。

でも妻は子宮の病気でなかなか妊娠できない体で、月経も半年来ないとか、年に数回の月経とか当たり前。
学生の時から病弱で、貧血でよく倒れたり、よく学校も休んでいたし、社会人になってもその状態は変わりません。
ふとした時、『こんなに生理が来ないなんて私は女じゃない、男よ。もう嫌だ。』と弱音を吐く事もありました。
確かに性格は男みたいなところはありますが、立派な女性です。いつか必ず子供を授かろうと励ましていました。
本人やお母さんも少し諦めている部分も多少あったと思います。そう考えた方が楽だったんでしょう。

そんな中、奇跡が起きました。

半年以上月経がないなか、妊娠していたのです。

奇跡なのですが、彼女はしっかり努力していました。

「私は男なのよ」と言いつつ、体のケアは自分なりに続けていました。
僕は不妊についての勉強会等に参加していたので、その事をいつも口うるさく伝えていました。自分は健康オタクっぽいところがあるので、新しい知識を身につければとりあえずやってみるのですが、彼女はいつもそうはいきませんでした。

しかし、僕が伝えていた中でも続けられるケアがあり継続してくれていました。
自分が受け入れられるケアをコンスタントに続けていた。
しっかり自分の体と向き合ってくれたお陰で、赤ん坊も来てくれたのではないかなと思います。

二人の宝物ができた時、この辺りからお互いの思いや態度が変わりました。
今までにはない、感謝の気持ちと共に思いやりの心が生まれて来たんです。

以前は照れくさかった事も、気遣いの言葉も、感謝の言葉も、徐々に掛け合えるような仲になってきました。

優しくされないと、優しくなれません。
思いやらないと、思いやってもらえません。

そんな事を今更ながら気づく事ができました。

一つの命はとっても大きいです。
僕ら二人の関係性や思いまで変えて、こんなに相手を大事だと気付かせてくれる。
また1歩大人にならせてくれました。
こんな感じだと産まれてからの僕ら夫婦の変化がとても楽しみです。
もっと家族らしくなり、もっと愛で溢れた家庭になると確信できました。

予定日は2017.11.20です。

あと1ヶ月。

楽しみです。

淡路島にて

以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


The following two tabs change content below.
1986年生まれ。岡山に3店舗あるエステサロンデマントイドの男性の方も女性の方もご来店いただけるデマントイドプールオムのエステティシャン。 陸上自衛隊第1空挺団と飽和潜水士を10年経験した事を生かし、心身共にお客様を支えていけるエステティシャンであり続けるよう心がけています。

最新記事 by 日下拓弥 (全て見る)